在宅訪問への取り組み

おかやま薬局では、患者さま宅や施設にお薬を配達し、

お薬の管理に携わっています。



お薬の管理は薬剤師に、お任せ下さい!

栄養の管理は管理栄養士にご相談下さい!

毎日の作業の負担をなるべく少なくし、お互いの作業がより一層患者さまへのサポートへと繋がるよう、協力致します。



薬剤師のサポート

例えば……

●お薬をきちんと服用できていない・残薬があり、整理する事が難しい

 お薬を一包化することはもちろん、要望に合わせて分包紙に日付や用法ごとに色線を入れるなどの対応をいたします。

お薬の一包化や分包紙の色分けなどご要望に合わせて対応いたします

 その他にも錠剤が飲みにくい場合は、錠剤を潰して粉にしたり、出来るものは処方医と相談して粉や液体へ変えられるよう提案も致します。

お薬を飲みやすいものにできるよう提案いたします

 また、お薬の服用のタイミングが難しい場合など、患者さま1人ひとりに合った方法で、お薬を服用できるようサポート致します。


●1人で通院する事が困難・お薬の服用に関して問題がある場合

薬剤師が在宅訪問いたします

 薬剤師が患者さま宅まで伺います。患者さまの服用状況を直接確認し、今の状態に合った方法でお薬をきちんと飲んでもらえるよう、医師に相談致します。


●医師も忙しそうで、なかなか直接お薬の事が言えない、聞けない

 そんな時こそ、薬剤師の出番です。普段から気になる事や聞きにくい事などがありましたら、いつでもご相談ください。

 お薬の事は、私たち薬剤師が医師に相談・提案致します。



管理栄養士のサポート

疾患に合わせた食事内容などご相談ください

例えば……

疾患に合わせた食事の内容や、その摂り方とは?高カロリー栄養剤を使いたいが、その種類や内容は?など。

日々の食事や栄養面、生活習慣などで気になる事は、専門の栄養士にいつでもご相談下さい。栄養士が直接ご自宅まで訪問させて頂くことも可能です。


実際の例

在宅訪問

 複数の病院でお薬を貰われていたり、市販のお薬を飲まれていたりする場合、薬の重複や飲み合わせの悪いものがないか、薬剤師がその都度確認し、患者様の安全をサポートしています。


お薬カレンダー

 患者様の個々の状況に合わせて調剤や服薬指導を変える必要があります。錠剤が飲み込みにくいという相談があれば、医師と協議して粉薬に替えてもらうこともあります。


 写真は、「お薬カレンダー」といって、飲み忘れ防止のために薬をカレンダーのように並べたものです。