薬剤師業務とは

おかやま薬局の標準的な薬局の1日を通じて、薬剤師業務をご紹介します。 併せて、「受付からお渡しまでの流れ」や「最先端のITシステム・調剤機器」、「社内活動」なども、ぜひご覧ください。

8時45分 開局準備・朝礼

朝、出社したら店舗内の掃除、PCや分包機、空調など全ての機器の準備をします。そのあと白衣に着替え、身だしなみをチェック。開局準備を整えたら、朝礼をして社内通達、前日からの申し送り事項など確認、情報を共有します。

9時 開局・処方せん受付

●入力・調剤・監査

  • 処方内容に間違いがないか確認後、処方せんに基づき、ひとりひとりの患者様のためにミスがないよう調剤を行います。
  • 入力、調剤をサポートする最新の機器を導入することで、正確かつスピーディーな作業を実現し、患者様の待ち時間の短縮につなげております。
  • 監査は一人で行わず二人体制で行い最後にもう一度自分で監査を行い、ミス防止に努めています。
  • 監査システムを導入し、ミス防止、業務の効率化をしています。

●服薬指導

  • 患者様が正しく服用・使用していただくため、薬の効能や服用方法・使用方法、保管方法などを丁寧に説明し、個々の患者様に応じたきめ細やかな服薬指導を心がけています。
  • 個々の患者様に応じた服薬指導を行うため、食事療法や日常生活での注意点などの様々な配布資料を取り揃えています。中にはおかやま薬局独自で作成したものもあります。
服薬指導
12時 お昼休憩(1時間) 交代で休憩します

休憩は交代でとります。和気あいあいと世間話をしながら昼食をとります。医薬情報誌を読んだり、服薬指導で気になっていたことについて、意見交換することもあります。

15時 午後の業務

午前と同様に外来業務をします。交代で小休憩もとりながら、メリハリをつけて仕事をします。近隣のドクターに面会して、情報提供をしたり、製薬メーカーのMR(医薬情報担当者)が訪問にくるので、薬の最新の情報を得たりしています。

18時 閉局・退社

分包機の清掃や片付けをして、1日の勤務終了です。


●調剤機器

調剤・服薬指導をサポートする最新の機器を導入することで、正確かつスピーディーな作業を実現し、患者様への服薬指導・カウンセリングに集中できる環境を整えています。

調剤・服薬指導をサポートする最新の機器

●社内活動

会社の方針や課題や問題点を社員自らが考えて、会社に提案しています。社内活動に参加するかは社員の自主性に任せているので、自分が興味のある課に参加することができ、複数の課に所属している社員も多数います。 社内活動を通して、自分の考えが会社の運営に反映されることで、やりがいになり、さらには社員のスキルアップ、社会性の向上につながっています。

四半期毎に、全体会議(社内の定例会議)を行っており、会社役員、各課長、管理者が集まり、報告事項や提案事項をもとに議論をしており、会議で新しい方向性が決まることもあります。

全体会議

●在庫管理システム

  • 在庫管理システムにより、日々の医薬品の出庫量を分析し、ある一定の在庫量を切ったら、発注されるようにしており、各店適切な在庫管理を実現しています。薬品管理・発注業務をIT化することにより薬剤師が服薬指導に集中できる体制を整えています。
  • どの店舗からでも全ての店舗の在庫管理状況を共有でき、各店の不良在庫の削減にもつながっています。
  • 本部管理機能により薬品管理課が毎月の購入金額、使用金額、在庫金額分析し、各店の適切な薬品管理をサポートしています。
在庫管理システムネットワーク

●OTC・介護用品の販売

おかやま薬局は処方せん調剤だけではなく、OTC・介護用品等の販売から地域の患者様へのセルフメディケーションをサポートしたいと考えています。
OTC推進課が中心となって、様々な症状に対応できるように商品ラインナップを考え、商品の発注や在庫管理、POP(販売促進のための店内掲示物)作りなどを行っています。

OTCは「要指導医薬品」と「一般用医薬品」とに分類され、更に一般用医薬品にはリスクに応じた3つの区分があります。それぞれ販売時の陳列や薬剤師等の専門家の関わり方、情報提供の仕方が決められており、要指導医薬品は必ず薬剤師が対面で指導を行った上で販売することになっています。

おかやま薬局では、薬剤師がお客様から的確に病状を聞き出し、最適なOTC薬を選択し、適切な助言が行えるように知識の習得に努めています。

OTC・介護用品の販売